学校概要 ABOUT

教育理念・ポリシー

  • 教育理念
  • 人間尊重を基盤とした
    看護職の役割を認識し、
    豊かな人間性を身につけ、
    社会のニーズに対応できる
    看護者を育成します。


    生命を尊び、人を人として尊重でき、相手を思いやることのできる豊かな人間性を身につけると共に、科学的思考のもとに看護の対象である人間を幅広く理解し、安全な看護技術が提供できる基礎的能力を養います。

    また、あらゆる健康段階、発達段階にある地域住民の健康増進をめざす看護者の育成に努めています。

    さらに、社会の変化に関心を持ち、看護の役割と責任を理解し、生涯にわたって自己の人間形成をはかりつつ、専門職業人として継続的に学習する態度を身につけるよう導きます。
  • 教育目的
  • 本校は、看護の業務に従事しようとする者に対して、看護師に必要な専門的知識・技術を教授し、地域の社会に貢献できる有能な人材を育成することを目的とします。
  • 教育理念について
  • 本校の教育に対する考え方や、教育活動の全般に関する指針を示したものです。
    学生・教職員の学習(教授)活動の指針・手引にあたるものです。
  • 人間尊重とはarrow
  • 人のいのちには、生命とこころがあります。生命はかけがえのない命ですが、その人の心を尊重することも大切になります。その心にはその人の意志、思考、記憶、歴史があります。そして心の動きの現れとしてその人の感情の表現や言葉があります。
    看護師として、一人のひとを理解する時、病気で障害された身体面(一側面)を観るだけでなく、その人のこれまで生きてきた事を考え、その人の思いや考えを尊重して今ある状況を総合的に捉えることが、人間尊重といえます。
    看護の基盤は、人間尊重であること、人間尊重とは生命とその人の心を尊重することであることを理解してください。
  • 豊かな人間性とはarrow
  • 社会のニーズに対応できる
    看護者arrow
  • 専門職業人としての
    学習する
    態度arrow
  • 本校の3つのポリシー
  • ディプロマポリシー
    (卒業の認定に関する方針)

    arrow
    • 看護の対象である人間を統合し、生活を営む存在として理解できる。
    • 生命の尊厳・権利を尊重して対象にかかわる態度が身についている。
    • 科学的根拠に基づいた看護を安全・安楽に実践できる知識・技術・態度が身についている。
    • 社会の変化に対応した、健康の維持増進・疾病の予防回復にかかる健康管理を看護として理解する。
    • 保健・医療・福祉システムにおいて多職種の人々と連携し看護専門職としての役割のもと調整することができる。
    • 自己を内省し客観的に見つめる態度が身についている。
    • 課題達成にむけて、主体的・継続的に学習する態度を身につけ、自己の人間形成を図りつつ、専門職業人としての自覚を深めることができる。
  • カリキュラムポリシー
    (教育課程の編成及び実施に関する方針)

    arrow
  • アドミッションポリシー
    (入学者の受け入れに関する方針)

    arrow